クリスマス特集はこちら

カカオ70ビフィズス菌チョコレートレビュー!菌が入ったチョコレートの効果とは

※2017年10月24日追記

dsc_0019

最近乳酸菌やらビフィズス菌の入ったチョコレートをよく見かけます。

今回は、森永のカカオ70%ビフィズス菌チョコレートを食べてみたのでご紹介します。

 

 

基本データ

1枚(標準4.0g)あたりの栄養成分
エネルギー 22kcal
たんぱく質 0.3g
脂質 1.6g
糖質 1.4g
食物繊維 0.52g
ナトリウム 0.36mg

dsc_0020

 

どんなチョコレート?

カラダにうれしいWのチカラ♪

カカオ70%のほろ苦いチョコレートのおいしさはそのままに、ビフィズス菌BB536を1箱当たり100億個配合したというチョコレートです。

ビフィズス菌とは?

ビフィズス菌は、人の腸内に生息する善玉菌の代表格。

ビフィズス菌BB526は、腸内フローラの研究のパイオニアである森永乳業㈱が選び抜いたビヒダスヨーグルトなどに入っているビフィズス菌の名前です。

 

dsc_0024
個包装になっています。10個入っていました。

 

dsc_0026
いたって普通のプレート状のチョコレートです。

 

dsc_0027
食べてみましたが、とくにヨーグルトっぽい味がすることもなく、普通にほろ苦くておいしいチョコレートでした。

ビフィズス菌といえば、整腸作用だったり、感染防御、免疫調節作用、脂質代謝改善効果があるといわれています。

便秘にも効きそうなこのチョコレート。

続けたら便秘解消するんでしょうか。

ただ、ちょっとお値段がお高いようなきがしました(笑)

それだけ効果があるなら安いかも?w

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。